バーベキューがBBQとは知らなかった

by author



道路の端にBBQと書いた看板があった。
最初は何の看板かわからなかった。

多摩川のバーベキューの情報サイトはこちらです。

最近やっと分かった。


バーベキューならバーベキューでいいと思うが、何故BBQなんだろうか。バーベキューは屋外のレジャーとして人気がありますが、実際にやってみると意外と難しい。

お肉が上手く焼けず固くなったライ、野菜が生焼けだったり、なかなかうまくいかない。

Yahoo!知恵袋全般の一般知識を分かりやすく紹介いたします。

BBQもノウハウがあるのです。

BBQの基本はみんなで焼いて楽しく食べるです。

おいしく焼く、コツ(ノウハウ)のうん蓄です。


1.バーベキューグリル全体に炭を敷かないことです。
グリルの半分から3分の1くらいは炭を置かないスペースを作り、強火エリアと弱火エリアを作って、強火エリアではしっかり火を通したい豚肉や鶏肉を焼き、固い野菜などは弱火エリアでゆっくり焼くとおいしくできます。

2.おいしい肉の焼き方は焼く前に食べたい大きさにすることではなく、大きい塊のまま焼いて、焼けてから切り分けることです。3.おいしい野菜の焼き方です。大体おいしく野菜が焼けない理由は焼いている間に野菜が乾燥してしまいからです。


その乾燥を防ぐために野菜の表面にハケなどで軽くオリーブオイルを塗ってから焼くことです。
おいしく焼けます。

野菜も肉と同じように大きなまま焼いて焼けたら切り分けることもコツの1つです。4.バーベキューの最後は焼きフルーツで締めましょう。

バナナ、オレンジ、リンゴなどを鉄板の上で焼きます。
片づける前の最後の締めです。後片づけも大事です。

ゴミや火の始末です。使用済の炭は持参したバケツにたっぷり水を入れて、炭を少しずつ水に浸して完全に消します。

炭は少々水をかけたぐらいでは消えません。



15分か20分くらいしっかり水に浸すことが大切です。